中途・新卒それぞれの採用プロセスと採用管理システムの関係

中途・新卒それぞれの採用プロセスと採用管理システムの関係

2021年7月8日
コラム

みなさん、採用管理という言葉を聞いたときに、どのような業務内容を想像するでしょうか?
ひとくちに「採用管理」といっても、活動内容の詳細や重視すべき点については、採用のスタイルによって大きく変わってきます。そこで今回は、中途採用と新卒採用、それぞれの採用管理業務の違いについて触れてみたいと思います。

中途採用と新卒採用の選考プロセスのイメージ

早速ですが、新卒採用の特徴を簡潔にあらわすと、中途採用と比較して以下のような特徴があります。
・多数の候補者が同じタイミングで、同じ選考プロセスを辿る。
・予定されたスケジュールに従ってプロセスが実施される。

イメージ図であらわすと、以下のような「一斉に列車で移動しながら、入社という目的地へ移動する」というイメージでしょうか?

一方、中途採用の特徴を簡潔にあらわすと、以下のような内容になるでしょう。
・候補者毎に、応募経路、選考プロセス、面接官、選考開始時期がバラバラである。
・選考を進める過程で面接回数を予定より増やしたり、別の職種で選考を継続させるような事が発生する。

こちらも、イメージ図であらわすと「各々がハイウェイを利用して、入社という目的地へ移動する」というイメージでしょうか?

以上から、新卒採用の採用管理業務では
 「大量の選考者を、漏れなく、定められたスケジュール通りに、選考を実施すること」
一方、中途採用の採用管理業務では
 「各々の選考者の活動状況を逐次把握し、漏れや遅れが発生しないよう、臨機応変に指揮すること」
が、実際の活動において重要視される訳です。

れぞれの採用スタイルに合った、採用管理システムを選ぼう

上記を踏まえ、採用管理システムを選択する際にも、自社の採用スタイルに合わないものを選択してしまうと、十分な導入効果を発揮することはできません。そこでステラスでは、新卒採用・中途採用それぞれに適した採用管理が行えるよう、2種類のサービスラインナップをご用意しています。

新卒採用向けの「ジョブスイートフレッシャーズ」では、一括処理や予約送信に関する機能を、中途採用向けの「ジョブスイートキャリア」では、ボトルネックとなる選考プロセスの発見を手助けする機能にそれぞれ力を入れつつ、双方ともにシンプルでわかりやすく操作できるようなサービスに仕上がっております。

ご興味をお持ちになりましたら、ぜひ一度当社までお気軽にお問い合わせ下さい。デモンストレーションの実施とともに、貴社の採用スタイルに合った運用方法のご相談・ご提案をさせていただきます。